無料,株,初心者,ミニ株,fx,バーチャル,プライム,業者,オンライントレード,証券会社,比較

無料,人気,オンライン証券,証券会社,証券会社比較,市場,株価,デイトレード,デイトレーダー,TOPIX,売買,売り時,買い時,先物取引,相場,上場,一部,二部,東証,ジャスダック,予測,FX,マネー,ゲーム,売り抜け,買い抜け,利益,損益,銘柄,注目株,中国株
スロットパチスロ解析,スロットパチスロ攻略,パチスロスロット無料攻略法,スロットパチスロ機械割り,検定速報,打ち方,必勝法,立ち回り,設定判別,新機種,裏攻略法情報,リプレイハズシ,天井,無料






















































































































































無料,人気,オンライン証券,証券会社,比較,投資,価,資産運用,小額,売買,売り時,買い時,先物取引,相場


■オンライントレード、先物取引等で資産を運用して増やす

あらゆるジャンルの流行をランキングでチェック!
男性総合
男性10代
男性20代
男性30代
男性40代
男性50代
女性総合
女性10代
女性20代
女性30代
女性40代
女性50代
ファッション
ブランド雑貨
ジュエリー・時計
食品・スイーツ
ドリンク・お酒
ヘルス・ダイエット
美容・コスメ
スポーツ
花・ガーデン
ペット・グッズ
キッズ・べビー
ホビー・ゲーム
パソコン・機器
家電・AV・カメラ
インテリア・寝具
日用雑貨・文具
CD・DVD・楽器
車・バイク
コミック・雑誌
宿・トラベル
価格別売れ筋
総合TOP100
男性TOP30
女性TOP30
ゴルフ
カレンダー
フィギュア
infoseek検索
google検索
BIGLOBE検索
生活に役立つ情報を紹介
PC・周辺機器
家電・AV機器
アイドル・動画
フード・ドリンク
美容・健康
ファッション
旅行・トラベル
ホビー・ゲーム
携帯・PHS
ベビー用品
自動車関連
転職・就職
株・投資・FX
医療・保険
ペット・用品
オークション
アクセサリー
雑貨・日用品
スポーツ
ブログ・BLOG
クレジット
株式市況/国内マーケット情報/海外マーケット情報
大和証券
キッチンカブー
センチュリー証券
GCオプティキャスト
QUICK Financial
ストックウェザー
アセットアライブ
東洋経済オンライン
株式ランキング
新規上場企業一覧
新規上場企業情報
株式新聞
FINANCE@nifty
Nasdaq(ナスダック株価)
Bloomberg(主要株価指数)
GLOBEX(シカゴ先物)
予算別株式情報その他
10万円未満
20万円未満
30万円未満
50万円未満
100万円未満
100万円以上
証券用語解説集
株主優待情報
                                                    TOPへ

株とは?

株式の正確な起源は明らかではありませんが、1602年に設立されたオランダ東インド会社が最初の株式会社とされています。
航海技術が未熟だった当時、アジアへの航海は成功すれば現地の特産物を持ち帰るなどの貿易などを通じて莫大な富をもたらす反面、生還できない可能性もありました。
そのリスクを一人で負担するのは大変なことです。
そこで大勢の投資家から資金を集め、儲かったら出資金に応じて利益を分配し、失敗したら出資金は諦めるという仕組みが考え出されました。
これが株式会社の原点となっています。

「株」とは一言でいうと、株は企業が資金調達をするために発行する有価証券のことです。
企業が事業を経営していくためには非常に多くの資金が必要ですが、そのすべてを内部で調達することは難しいので、株券を発行して投資家から資金を広く集めるわけです。
株式の値段は、一般の商品と同じように需給と供給のバランスによって決まります。

つまり、その株を買いたい人がたくさんいれば価格は上がるし、反対に売りたい人が多ければ下がるというわけです。
たくさんの人が欲しがる株=人気銘柄は、その企業の将来性や成長性が期待されているという証拠です。

「株」は、一般の人から広く資金を集めるという点で社債と似ていますが、実は多少違います。
株を買うと、「株主」ならではのさまざまな特典が受けられます。

                                                    TOPへ

株を買うメリット・デメリット

株を買って「株主」になると次のようなメリットが受けられます。

@配当がもらえる
投資先の企業が予定通り順調に収益を挙げれば、配当金がもらえる。
会社が大きな利益を挙げれば、当然配当も多くなるが、逆に事業が失敗すれば配当ゼロのケースもあります。(配当による利益はインカムゲインという)

A売買益で儲けることができる
会社の業績が上がれば株価も上昇するので、値上がりした株を売ることで、利益を得ることができる。(これをキャピタルゲインという)

B株主優待制度が受けられる
決算期末に単位株を保有している株主は、株主優待制度が受けられる。
優待内容は企業によって様々です。
自社製品の無料プレゼントや割引提供などが主流だが、中にはユニークな商品もあります。

C増資による株式分割が受けられる
株主は、無償増資といってタダで株式をもらえる場合もある。
たとえば、ある会社の株式を1000株持っている場合に、会社が資本を増やすために株式を1.2倍に分割した場合、株主の持ち株は1200株に増えることになる。

D経営参加権がある
単位株を保有している株主は、株主総会において、株主として会社の重要な意志決定事項に賛否を表明することができる。
過半数の株式を持っている株主は、会社の経営権を握ることも可能。

E残余財産の分配
株主には、会社が倒産した時に残余財産の分配を受ける権利がある。

                                                    TOPへ

株式投資の種類

取引単位による分類について

■普通株
株主の権利になにも制限の無い、標準的な株式のことです。
普通株は最低売買単位は、古くからある会社はそのほとんどが1000株単位となっています。
又、現在は商法改正により、株式の額面は無額面ですが、昔からある会社の株には額面というものがあります。
通常額面は50円になります。
株主優待を受けることができるのもこの普通株です。(すべての企業が株主優待制度を導入しているわけではありません)

■ミニ株
単位株の10分の1の株数で取引できる株式です。
このため正式な株主ではありません。
証券会社が株主となっており、ミニ株を10単位購入した時点で普通株となり、議決権などの権利が発生します。

株式の権利の内容による分類
商法で株主平等の原則というものがあり、株主の権利は平等でなければならないのですが、原則の例外として、会社がその株式の内容と発行予定数を定款に定めることにより、いくつかの権利の内容が異なる株式の発行を認めています。

■優先株
優先株とは普通株と比較して優先的に利益の配当や残余財産の分配を受ける権利のある株式のことです。通常、議決権については制限があります。

優先株は通常、発行する企業のコストは増大しますが、発行条件が投資家にとって普通株よりも有利なため、市場で消化され易く、資金が調達しやすくなります。ただし、優先株の発行は長期的には財務を圧迫する要因となります。

■劣後株
劣後株とは優先株とは逆に権利関係において、普通株と比較して劣後的な取扱いを受ける株式で、例としては、政府が特殊法人や公共公益事業会社などの株式を保有する際に利用されることがあります。

                                                    TOPへ

手数料や税金について

■買付注文の際の手数料について
株の売買は証券会社を通して行いますので、「株式売買委託手数料」が必要になります。
この「株式売買委託手数料」は証券会社によって異なります。
また同じ証券会社であっても、インターネットによる取引かどうかで手数料が違う場合もあります。
株を購入するときは、この株式売買委託手数料とこれにかかる消費税5%が必要です。
たとえば手数料が1,000円の場合は消費税50円が掛かり、トータルで1,050円のコストとなります。

■口座管理料について
証券会社に株券を預ける場合、「口座管理料」が必要になる証券会社もありますが、オンライン証券は無料のところが多いようです。

■税金について
株を売却した際には有価証券譲渡益(キャピタルゲイン)税がかかります。
源泉分離課税と申告分離課税の2つから選択できましたが、平成15年より、株式の課税方式は申告分離課税に一本化されました。
申告分離課税は、年間の売却損益を計算して利益が出ていた時に、その利益に対して譲渡益を確定申告することによって他の所得とは分離して株式等の譲渡益に対して7%の所得税と3%の地方税が課される方式です。
※上記税率は、平成19年12月31日までの特別措置。平成20年からは15%の所得税と5%の地方税の課税となります。
尚、配当にも税金が掛かります。
配当に対する税金は、基本的には他の所得と合算して申告する総合課税ですが、年間の配当金額ごとに細かく課税方式が決められています。
「総合課税」か「申告課税」かを選択できます。
「申告課税」を選んだ場合は、20%の源泉徴収で徴税が完了します。

                                                    TOPへ

株主優待とは?

現在、株式を上場、公開している企業は3500社程度ありますが、株主優待を行っている会社は500社以上です。
これだけあれば、自分の欲しい銘柄が株主優待を実施している可能性も高いといえます。

航空会社や映画会社の優待割引チケットは有名ですが、他にも、証券会社がお米をくれたり、銀行が菓子折りを送ってくれるなどさまざまな優待サービスがあります。
音楽関連の企業では「avex」が有名ですが、「avex」の株主優待は所属アーティストの株主限定ライブです。
とはいえ、あくまでも銘柄選択の決め手とすべきは、その会社の将来性や収益で、株主優待だけで選ぶのはちょっと危険です。
いくら株主優待が充実していても、株価が大幅に下がっては、優待のメリットなんかすぐに吹き飛んでしまいますので。
まずはその会社の業績や将来性を優先して、「株主優待」は次の決め手ぐらいにとどめておきましょう。


■YAHOO!株主優待情報はこちらから

■infoseek株主優待情報はこちらから

                                                    TOPへ

株の買い方について

まずは証券会社に取引口座を開設する必要があります。
口座の開設は今ここで(店頭)行ってもいいですし、郵送でも可能です。
インターネットで申し込んだ場合は、数日後、必要書類が送付されますので、本人確認書類(健康保険証や運転免許証、パスポートのコピーなど)を同封して送返してください。
約1週間後、確認書類が届きましたら、取引に必要な資金を口座に入金すれば、株の売買が行えるようになります。

株の売買注文は、証券会社の窓口か電話、インターネットで行います。
電話や窓口で注文する場合は、その証券会社の営業時間に関わりますが、インターネットなら夜間や休日でも注文が可能です。
ただし、実際に証券取引所で売買取引が行われる時間帯は、証券取引所が開いている時間になります。
売買取引の時間帯は、祝日をのぞく月曜から金曜の午前9時から午後3時までで、11時から12時半までが昼の休憩です。

窓口や電話で注文する場合、株の売買注文は、欲しい銘柄名と株数などをハッキリと告げ、指値(さしね)、成行(なりゆき)のどちらかを指示します。
「指値」はあらかじめ売買の値段を決めてから注文を出すことをいい、「成行」はそのときどきの株価の動きの成行きに任せて売買することをいいます。
株価は刻々と動いてますから、「成行」で売買すると、思っていたより高く買ったり、安く売れたりして、損することもあります。
(もちろんその逆で儲ける場合もありますが)一方、「指値」の場合は、はっきりと値を指定しているので、株価の動きのよっては売買が成立しない危険性があります。
何としても買いたい、売りたいのならば「成行」を選んだ方が良いでしょう。

また、株の売り注文では、税金の取り扱い方法(源泉または申告)も選択します。
売買が成立(約定)すると、証券会社から有価証券売買報告書が送られてきますので、必ず内容をチェックしましょう。
通常は、株を買っても名義を書き換えるだけで、株券そのものが送られてくることはありません。
売買代金が口座から決済されるのは、売買成立日を含めて4営業日目(休日を除く)です。
たとえば月曜日に約定した場合は木曜日に、金曜日に約定した場合は翌水曜日に売買代金が決済されます。

※当サイトで紹介しているプログラムは自己責任でご利用下さい。
----Copy right Slot Maniac 広告掲載依頼、相互リンク申し込み、管理人へのメールはコチラ---アクセスランキング

無料,人気,オンライン証券,証券会社,証券会社比較,市場,株価,デイトレード,デイトレーダー,TOPIX,売買,売り時,買い時,先物取引,相場,上場,一部,二部,東証,ジャスダック,予測,FX,マネー,利益,銘柄